2009年06月22日

ミスター・ボール。

090622ball02.jpg
我が家に長らく飾ってあったにも関わらずパチ組んだ状態のまま
何もしてなかったのがずっと気になってたので一気に仕上げる。

と言っても部分塗装とスミ入れだけの、ゲート跡すらほとんど気にしない速攻仕上げ。
砲身のパーティングラインだけは気になったのでペーパーをかける。
俗に言う「簡単フィニッシュ」よりタチが悪い。

「ミスター・ボール」は小説版での愛称。
あの手にビームライフルとか持って使う、頼もしい奴だったんだぜ。

白い成形色のパーツがとにかく安っぽいのでこれを全部塗ってやる。
ガンダムマーカー・メッキシルバー(絶版)で塗ってやるとグッと映える。
スケール的にはおかしいかもしれんけどね。
でもアーム部分みたいに、実際に本物の金属パーツの箇所もあるし問題ないのかな。
とにかく、この白い成形色さえ殺せばMGボールは生まれ変わる。

おねがいですからメッキシルバーの生産を再開してください…。
あの光沢ある銀を生み出す原料を作っていた会社は他にないのだろうか…。
http://www.mr-hobby.com/information/pg5.html


やっぱりボールはMGの最高傑作だと再確認。
posted by うにぽ at 17:49| 模型